ロレックス スーパーコピー 腕時計 シードゥエラー 126603

「フュメダイアルの美しさを引き立てるために、背景に溶け込むサファイアのサブダイアルを開発し、MB&Fがもつ世界観の“モーザー化”を試みました。また、このまごうことなき時計アート作品がもつ純粋さやエレガンスを保つために、サファイアのサブダイアルへ私たちのロゴを透かしのように施しました。ロレックス腕時計専門店こうすることで、本作品と着用者を結ぶ個人的な性格や親密な関係性を際立たせています。」

ロレックス スーパーコピー 腕時計 シードゥエラー 126603
型番: 126603
モデル: シードゥエラー
外装: ステンレススティール×イエローゴールド
ガラス材質: サファイアクリスタル
ケースサイズ: 43mm
ムーブメント: Cal.3235
駆動方式: 自動巻き
パワーリザーブ: 約70時間
機能
防水: 1,220m
耐磁: あり
スペック自体は2017年に登場したいわゆる「赤シード」Ref.126600を踏襲しています。 43mmケースの内部には新世代ムーブメントCal.3235を搭載しており、ロングパワーリザーブ約70時間。そして1,220mと、ロレックスきってのハイスぺモデルとして君臨します。 大きな変化と言えば、やはり外装でしょう。 シードゥエラーでは初となるSS×YGのコンビモデルとなりました。 近年、ロレックスは高級路線を疾走しており、シードゥエラーもサブマリーナのハイエンドラインといった立ち位置になるのでしょうか。 ただ、同社のそんな思惑は別にしても、イエローゴールドの華やかさがひとしお。シードゥエラーの質実剛健なイメージがやわらぎ、よりスタイリッシュな一本となりました。
シードゥエラー史上初となるSS×YGコンビ。金シードは新たなる定番になるか
GMTマスターIIの新作126710BLNRが「やはりきたか」だとしたら、今回のシードゥエラー新作は「こうきたか・・・」というのが初見の個人的な感想です。 ロレックスはバーゼルワールドの際、「ビッグリリース」といった表現をしばしば使うのですが、ある海外メディアはこのシードゥエラーを指して「ビッグリリース」と語っていました。 バーゼルワールド2019で出た新作シードゥエラーは、ステンレススティール×イエローゴールド―いわゆるイエローロレゾール―の外装が非常に華やかな一本です。 確かにGMTマスターII新作のインパクトはありましたが、会場内ではこちらのシードゥエラーもまた、異彩を放っていたものです。 詳細をご紹介いたします。

エンデバー・シリンドリカル トゥールビヨン H.モーザー X MB&Fモデルは、スティール製ケースにファンキーブルー、コズミックグリーン、バーガンディ、オフホワイト、アイスブルーの5つのバージョンで展開され、すべてがフュメダイアルとなります。

レガシー・マシン 101はテン輪、パワーリザーブ、そして時間の経過という機械式時計製造のエッセンスを昇華させたモデルです。MB&Fがコレクションの中で最も純粋かつ“シンプル”な同モデルを再解釈することを決定したのは偶然ではありません。それは、LM101 MB&F X H.モーザーモデルの制作でミニマリズムが軸となったからです。

H.モーザーや、そのコンセプトウォッチシリーズに体現されている「基本に戻る」アプローチに倣い、MB&Fはロゴを取り除いてブランドのルーツに戻りました。すなわち、ムーブメントのみに署名を施していた時計製造の原点にまで立ち返ったのです。また同じく控えめなアプローチによって、浮かんで見えるドーム型のサブダイアルを取り除き、主文字盤に直接配置した針によって時分と45時間のパワーリザーブを表示しました。

この配置によって、優雅なベゼルで引き立てたH.モーザーのフュメダイアルを前面にアピールできるようにしています。LM101 MB&F X H.モーザーに採用された4種類のフュメダイアルは、レッド フュメ、コズミックグリーン フュメ、ヤスマリーナブルー フュメ、そしてあの有名なファンキーブルー フュメ。ドーム型のサファイアクリスタルをあしらったケースには、MB&F創設以来3度目となるスティールが採用されています。

【関連記事】:世界的に有名なラグジュアリー関連製品と情報

发表评论

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com 徽标

您正在使用您的 WordPress.com 账号评论。 注销 /  更改 )

Twitter picture

您正在使用您的 Twitter 账号评论。 注销 /  更改 )

Facebook photo

您正在使用您的 Facebook 账号评论。 注销 /  更改 )

Connecting to %s