ロレックス スーパーコピー 腕時計 シードゥエラー 126603

「フュメダイアルの美しさを引き立てるために、背景に溶け込むサファイアのサブダイアルを開発し、MB&Fがもつ世界観の“モーザー化”を試みました。また、このまごうことなき時計アート作品がもつ純粋さやエレガンスを保つために、サファイアのサブダイアルへ私たちのロゴを透かしのように施しました。ロレックス腕時計専門店こうすることで、本作品と着用者を結ぶ個人的な性格や親密な関係性を際立たせています。」

ロレックス スーパーコピー 腕時計 シードゥエラー 126603
型番: 126603
モデル: シードゥエラー
外装: ステンレススティール×イエローゴールド
ガラス材質: サファイアクリスタル
ケースサイズ: 43mm
ムーブメント: Cal.3235
駆動方式: 自動巻き
パワーリザーブ: 約70時間
機能
防水: 1,220m
耐磁: あり
スペック自体は2017年に登場したいわゆる「赤シード」Ref.126600を踏襲しています。 43mmケースの内部には新世代ムーブメントCal.3235を搭載しており、ロングパワーリザーブ約70時間。そして1,220mと、ロレックスきってのハイスぺモデルとして君臨します。 大きな変化と言えば、やはり外装でしょう。 シードゥエラーでは初となるSS×YGのコンビモデルとなりました。 近年、ロレックスは高級路線を疾走しており、シードゥエラーもサブマリーナのハイエンドラインといった立ち位置になるのでしょうか。 ただ、同社のそんな思惑は別にしても、イエローゴールドの華やかさがひとしお。シードゥエラーの質実剛健なイメージがやわらぎ、よりスタイリッシュな一本となりました。
シードゥエラー史上初となるSS×YGコンビ。金シードは新たなる定番になるか
GMTマスターIIの新作126710BLNRが「やはりきたか」だとしたら、今回のシードゥエラー新作は「こうきたか・・・」というのが初見の個人的な感想です。 ロレックスはバーゼルワールドの際、「ビッグリリース」といった表現をしばしば使うのですが、ある海外メディアはこのシードゥエラーを指して「ビッグリリース」と語っていました。 バーゼルワールド2019で出た新作シードゥエラーは、ステンレススティール×イエローゴールド―いわゆるイエローロレゾール―の外装が非常に華やかな一本です。 確かにGMTマスターII新作のインパクトはありましたが、会場内ではこちらのシードゥエラーもまた、異彩を放っていたものです。 詳細をご紹介いたします。

エンデバー・シリンドリカル トゥールビヨン H.モーザー X MB&Fモデルは、スティール製ケースにファンキーブルー、コズミックグリーン、バーガンディ、オフホワイト、アイスブルーの5つのバージョンで展開され、すべてがフュメダイアルとなります。

レガシー・マシン 101はテン輪、パワーリザーブ、そして時間の経過という機械式時計製造のエッセンスを昇華させたモデルです。MB&Fがコレクションの中で最も純粋かつ“シンプル”な同モデルを再解釈することを決定したのは偶然ではありません。それは、LM101 MB&F X H.モーザーモデルの制作でミニマリズムが軸となったからです。

H.モーザーや、そのコンセプトウォッチシリーズに体現されている「基本に戻る」アプローチに倣い、MB&Fはロゴを取り除いてブランドのルーツに戻りました。すなわち、ムーブメントのみに署名を施していた時計製造の原点にまで立ち返ったのです。また同じく控えめなアプローチによって、浮かんで見えるドーム型のサブダイアルを取り除き、主文字盤に直接配置した針によって時分と45時間のパワーリザーブを表示しました。

この配置によって、優雅なベゼルで引き立てたH.モーザーのフュメダイアルを前面にアピールできるようにしています。LM101 MB&F X H.モーザーに採用された4種類のフュメダイアルは、レッド フュメ、コズミックグリーン フュメ、ヤスマリーナブルー フュメ、そしてあの有名なファンキーブルー フュメ。ドーム型のサファイアクリスタルをあしらったケースには、MB&F創設以来3度目となるスティールが採用されています。

【関連記事】:世界的に有名なラグジュアリー関連製品と情報

DIOR とケニー・シャーフによる旧正月を祝う限定カプセルコレクションが発売

〈Louis Vuitton〉から2022年春夏シーズンに登場する新作スニーカー Runner Taticの日本での発売が決定。本モデルは、現在『ルイ・ヴィトン 表参道店』『ルイ・ヴィトン 松屋銀座店』『ルイ・ヴィトン メゾン 大阪御堂筋』にて先行販売中で、1月20日(木)より随時、展開店舗を拡充予定。価格は151,800円(税込)となる。

〈Louis Vuitton(ルイヴィトン バッグ 中古)〉から、2022年春夏シーズンの新作として、Runner Taticと称されたランニングシューズがリリースされる。

このシューズは今年6月に発表された2022年春夏メンズコレクション “Amen Break”でお披露目されたもので、言うまでもなく故Virgil Abloh(ヴァージル・アブロー)がデザインを手掛けたもの。1990年代のランニングシューズからインスパイアされたというこのシューズは、コレクションのテーマでもあるUKのレイヴシーンから着想を得た配色が新鮮な印象の1足。アッパーはスエードやメッシュ、パテントレザーなどで構成されており、サイドのLVロゴが絶妙なアクセントに。ストリートやクラブシーンで流行りそうなRunner Taticは、残念ながら〈Louis Vuitton〉のマイアミのメンズショップのみで展開されるとのこと。カラーはグリーンが既に先行で販売されており、来年1月からブルー、モカ、ホワイト、ブラックが順次デリバリーされる予定だ。

【関連記事】:世界中のリアルなトレンドファッション(ankopi)N級品通販専門店

ロエベの名品「パズルバッグ」からモダンシックなナチュラルトーンの新色が登場

コーディネートに取り入れるだけで、スタイルが洗練される「最旬アイテム」をお届けする連載「TODAY’S PICK UP」。本日は「LOEWE(ロエベ)」を代表する人気バッグ「PUZZLE BAG(パズルバッグ)」 から登場した、新作をご紹介します。小さなサイズの「パズルバッグ スモール」と「パズルバッグ ミニ」に、淡いベージュとオフホワイトを組み合わせた新色「デューン×ウォームデザート」が仲間入り。装いに春らしいこなれ感を演出する、軽やかな新色にご注目ください。

連載「TODAY’S PICK UP」では、大人女性の日常に華を添えてくれる「最旬アイテム」を毎日配信します。

本日は「LOEWE(ロエベ)」から発売された、軽やかな印象の新作バッグにフォーカス。2014年に発表されて以来、ブランドを代表するバッグとしての人気を誇るアイコン「PUZZLE BAG(パズルバッグ)」シリーズに、淡いトーンの新が仲間入り。ナチュラルなカラーのバッグは、装いに柔らかいムードを添えたい時にもおすすめです。

ロエベ「パズルバッグ」に新色が仲間入り

バッグ「PUZZLE BAG SMALL(パズルバッグ スモール)」¥368,500【サイズ:縦16.5×横24×マチ10.5cm、素材:クラシックカーフ、色:デューン×ウォームデザート】

ロエベの現クリエイティブ ディレクターのジョナサン・アンダーソンが、初めてデザインを手掛けた記念すべき「パズルバッグ」。繊細なカッティング技術によって施される幾何学的なラインが、個性的な表情を作り出す人気のバッグラインです。

淡いベージュとオフホワイトが組み合わされた新色の「デューン×ウォームデザート」は、春を感じさせる軽やかなカラー。スモースサイズは長財布が入るほどの大きさで、日常に使いやすいサイズです。

【関連記事】:https://kefabuap.wordpress.com/

HE NORTH FACE コラボコレクションにクローズアップ

2月のロンドン・ファッションウィーク・ウィメンズにてお披露目された〈MM6 Maison Margiela(エムエム6 メゾン マルジェラ)〉と〈THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)〉による異色のコラボレーション。『HYPEBEAST』では、その発売に先駆け、コラボピースのディテールに迫るルックの撮影に成功した。

“サーキュラリティ(環状、循環性)”というコンセプトを推し進める今季の〈MM6 Maison Margiela〉は、1990年に〈THE NORTH FACE〉が開発した、過酷な天候に対応可能なデタッチャブル機能を備えた革新的なシステム“Expedition System”に着目。オリジナルのデザインにメゾンのコンセプチュアルな概念を融合させた。〈THE NORTH FACE〉ではお馴染みのブラックショルダー x オレンジやブルーのヴィヴィッドカラーというコントラストを効かせた配色に〈MM6〉らしいアヴァンギャルドなシルエットを巧みにミックスしたアイテムが揃う今回のコラボ。再構築されたMountain Jacket(マウンテンジャケット)、Nuptse(ヌプシ)、Denali Fleece(デナリフリース)に加えて、Nuptseスカーフ、グローブ、バックパック、クラッチバッグといったアクセサリー類までが豊富にラインアップする。

本コレクションは、10月12日(月)10時から特設サイトおよび〈THE NORTH FACE〉の特設サイト、『伊勢丹新宿店』『阪急うめだ本店』『Edition』の各特設サイトにて販売開始。『エムエム 6 メゾン マルジェラ オモテサンドウ』などの実店舗でも同日に発売される。

まずは上のギャラリーから〈THE NORTH FACE〉x〈MM6 Maison Margiela〉のビジュアルをチェックしてみよう。

『HYPEBEAST』がお届けするその他最新のファッション情報もお見逃しなく。

【コーチ】デザイン性と機能性を兼ね備えた新作バッグ「Studio」登場、

合わせやすくてちょうどいい収納力♡ 手放せなくなるデイリーバッグ

コーチから、コーチのデザインスタジオで生まれたアーカイブ クラスプをモダンにアレンジした“C” ロゴのプッシュロックがアイコニックな新作ショルダーバッグ「Studio(ストゥディオ)」が発売されました。

コンパクトなサイズ感でありながら、長財布もすっきり入る収納力を持ち、背面に配されたスリップポケットや長さ調整可能なストラップで機能性も充実。リファインド レザーにシグネチャー キャンバスの異素材ミックス、しっとりとした質感と経年変化を楽しめるコーチを代表するグラブタン・レザー、そして柔らかく吸い付くような質感が魅力のキルティングされたナッパレザーの3つのバリエーションが揃います。

▲(写真:左上)シグネチャー ストゥディオ ショルダー バッグ ¥70,400
(写真:右上)グラブタン レザー ストゥディオ ショルダー バッグ ¥70,400
(写真:下)キルティング ストゥディオ ショルダー バッグ ¥86,900

シンプルなルックスに実用性を備え、さまざまなシーンで活躍する新作「Studio」。ほかにも「カメラバッグ 18」や「ミディアム ウォレット」も展開します。

セイコー プレザージュから有田焼ダイヤルの限定腕時計、淡く柔らかな瑠璃色「淡瑠璃染」を文字盤に表現

セイコー プレザージュ(SEIKO Presage)のプレステージラインから、有田焼ダイヤルの数量限定モデルが登場。2022年1月14日(金)より、国内400本限定で発売される。

セイコー プレザージュ、有田焼ダイヤルの限定腕時計

セイコー プレザージュ(SEIKO Presage) 淡瑠璃染|写真2

日本の美意識を体現する、メイド・イン・ジャパンの機械式ウオッチブランド、セイコー プレザージュ。今回の限定モデルでは、日本初の磁器として1616年に生まれ、その職人技が400年に渡って受け継がれている有田焼にフィーチャー。長い歴史の中で育まれた、淡く柔らかな色調「淡瑠璃染(うするりぞめ)」をダイヤル上に再現した。

淡く柔らかな瑠璃色「淡瑠璃染」を文字盤に表現

セイコー プレザージュ(SEIKO Presage) 淡瑠璃染|写真3

長い研究開発期間を要したセイコー独自の有田焼ダイヤルは、複数の曲面を組み合わせた造形の立体感と、腕時計としての耐久性を同時に実現することで、艶やかな磁器の魅力を表現。従来の4倍以上の強度をもつ磁器素材は、創業190年の老舗「しん窯」に所属する陶工・橋口博之の監修のもと、施釉と複数の焼成を重ねながら、高い品質のダイヤルとなって時計の中に組み込まれる。

セイコー プレザージュ(SEIKO Presage) 淡瑠璃染|写真7

その独特の色調は、まさに有田焼ならでは。淡い瑠璃色と艶やかな透明感が磁器特有の質感を際立たせ、有田焼でしか味わえない美しい表情を見せてくれる、特別な一本となっている。

それは大丈夫です人々を表示しようとしています

それも、なぜ、プラダの90年代のためにこのようなzeitgeist – y食欲がそこにあるかという質問を起こしました。イタリアのブランドは、無制限のための副詞となる前に、それは最小限のステルス富と同義であった、90年代の縮小されたミニマリズムの波をリードしている-今若いデザイナーによって参照され、eBayでファッションに精通した子供によってスナップされている種類。それは、そのロゴの贅沢な家でした。このコレクションは、その黄金時代に戻ってマークされ、シンプルで効果的な両方のdiehardファンと最近の見張り人だけプラダの略を思い出させるために有効です。

「すべての障害と制限が与えられたならば、トランス・エクスペリエンスは歴史的に闘争と成功であった。ほとんどの時間の閉鎖ドアの背後に自分たちの生活を余儀なくされ、トランス経験の人々はまた、“外国人”、“部外者”や“ピエロフリーク”とみなされている。我々は、狭量と偽善のこれらの態度と戦うべきです。我々はトランスジェンダーの人々を認識し保護する新しい、より包括的な法律を通過すべきだ。我々は、グローバルレベルで教育とヘルスケアシステムを改革しなければなりません。私たちはトランスであることを子供と若い大人に教えるべきです。 バレンシアガ シティトランスが美しいと大声で叫ぶことができるはずです。私たちは社会の従来の美しさの理解を超えて見るべきだ。トランス経験の女性として、私は私が方法で美しいということを知っています。未来の世代は、我々の強力な物語を聞いて、我々がどれほど美しいかを知る必要があるからだ

「私は18歳で、トルコの南に住んでいます。イスタンブールベースの写真家がInstagramで私をスカウトしたあと、私は16才でモデリングを始めました。モデリングの他に、音楽を作り、ギターを演奏し、時間を見つけたら写真を撮る。私はサンセット、レトロ車、紫色の光と霧の夜が大好きです

「他の人がどう見えるか気にしない。これは私を興奮させる。私が家から出るたびに、私は生きている爆弾のように扱われます。私は、誰でも何でも着ることができると人々に話すようにしています。もっと目に見えるほど、我々は非難した。すべての困難にもかかわらず、あなたをとても自由に感じさせます

「トルコでは伝統的な性役割が挑戦される必要がある。女性は二等市民のように扱われ、私はこの雰囲気で育った。時間が進むにつれて、私はこれらの規範が人々の意見に影響を及ぼすのに気付きました。深いダウン、私は常に私は私の国の他の男性とは異なっていた知っていた。私は、ちょうど私でありたかったです、そして、私がそうであった人々を示してください。私は、私の中の女性的で男性的な精神の両方を生きていて、国民の判断的な目を無視するほうを選びたかったです。私は自分の個性を自分の芸術とスタイルに注ぎ込みます。私は決して誰の基準の一部でありたかったので、私は私自身を建てました。私は私のような男性が存在し、それは大丈夫です人々を表示しようとしています。私は私のシェルに隠れていません、しかし、私と好奇心旺盛である人々に話すしようとしています。BALENCIAGA(バレンシアガ) 私は彼らの質問に誠実で答えます、そして、人々は自由に公に服装します、人々がそれに慣れる必要があるので

「私は、社会の美しさの基準に合うように、私の顔を変えるつもりはありません。人々はいつも私に尋ねる。と’あなたはそれを修正する予定ですか?私はこれらの人々に反応し、自分の考えや写真をソーシャルメディアに共有して、従来の社会の産物になりたくないと説明し、説明する。私はすべてを誇張して、すべてのイメージを編集します。私は私の鼻、私の唇を巨大にし、私の頬骨を過度に太らせる;私は腰から肋骨を削除します。私は社会的メディアを通じて多くの人々に到達し、私は常に人々と私の意見やアイデアを共有しています。私は本当に言っている人々からの肯定的なフィードバックを得る。私は、あなたに感謝している方法より自信を感じます。これは私を誇りに思って幸せに感じさせる。誰も、あなたがどのように見えるか、または熱望するべきであるかを指図するべきです

それははっきりしたプラダ憎しみの配列の中でコレクションで反響しました

セットを超えて、これは間違いなくデマの最も簡単なBalenciagaコレクションでした。コミックサンズLogomaniaとキッチュツーリストエッフェル塔装飾されたイブニングウェアを超えて、これは世代Zとそれ以降の魅力を再定義するように見えたミームレス、意味のあるコレクションだった。前シーズンの路面電車の要素ですらなかった。我々が得た最も近いトラックパンツは、夕方ズボンに影響を及ぼしました。「私は我々の語彙にあるものを取りたかったです、しかし、彼らに優雅さのこの新しい局面を与えてください」と、彼は言いました。グラマー、再定義。“プレゼンスはキーです、今の答えは”エコーです。

ミッチャプラダは、ファッションの過剰な廃棄物と埋め立て地で終わる服のますます短いライフサイクルとの直接的なリポートとして、このシーズンのシンプルさについて考えていた。 ブランドバッグ|バレンシアガ彼女はスタイルに興味を持っていた-ファッションではなく、彼女は人をドレスし、永遠に続くだろう服を作成し、着用者をフレームに設定した。「余りにも過ぎ去りすぎて、誰もがファッションや服が多すぎると不平を言っているのですが、服やファッションよりも人が大切になるように努力しました」と彼女はショーの後で説明しました。「一方では、我々は惑星を保存して、消費しないで、費やさないでください、しかし、人々は仕事を持っていません、そして、彼らはお金を持っていません、そして、それから、我々はもう一度もっと売らなければなりません」と、彼女が付け加えました。「誰もが自分自身のやり方で、そして自分たちの努力を通じて取り組む必要があるのは、巨大な政治問題だ」

どのように、プラダ夫人は使い捨ての消費主義と持続可能なファッションパラドックスに対して反発しますか?「それは、単純さに戻ることです。フレジャーBeha erichsenは、プラダ夫人が言った生の絹のガーゼのスカートに押し込まれる灰色のリブニットカシミアのポロでショーを開けました。ちなみに、20代、50年代、70年代、90年代の象徴から象徴的に上昇した簡単な服装。

セットはシャーベット色の夏のテラゾータイルのメドレーでした-「夏のテラスの上に歩いている人々」、ミセスPの言葉で、それははっきりしたプラダ憎しみの配列の中でコレクションで反響しました、そして、それからそれを褐色にしてください。テクスチャーは生糸として重要な要素で、絹のようなガーゼ、居心地の良い幾何学的な編み物、およびチーズケーキは、磨かれた調合布、割られた葉と時折の錦で並置された。興味深いことに、ショーノートは季節の流行語に言及した。ここでは、彼女の家のスタイルの本質を簡素化して、浄化しているミシェル。バレンシアガ バッグ 新作それは、単語自体で飾られているか、概念的で、大声で、グラフィックである必要はありません。代わりに、それはちょうど何か率直で明確なことができます。

グレゴ・ティンベルクのような環境インパクトや声の変化が魅力的なクラリオン・コールの変化になると、ムードはシフトし、服の価値場所に反映される。昨年だけで、プラダは劇的にその持続可能性と倫理的な価値に対処しました。そのコレクションから毛皮を禁止しただけでなく、この11月はニューヨークで3回目の年次持続可能性会議を開始します。したがって、シェルの宝飾品と皮革の作品の生来の縁、パイソンバケット帽子とチーズのようなビブ、デザイナーは、それはあなたがそれを自分で行うことができたように“自発的”を感じるように望んだと述べた。多くの子供たちにとって、それは単なる発見されたオブジェクトか中古服を通してであるかどうかだけです。エコ意識の根本的な行為が進む限り、それは今のところ、より関連性のない感情である。

コレクションの残りの部分を通してのフォーカスは

違いは、多分、この秋/冬の19の季節の間に、それがより大きく育ったと感じる仕立て屋のビジョンであるということです。より高価でより実存的でない。物事は、古い、気晴らし、この季節を感じた。多動、影響、大きな愚かなプリント、ビッグ愚かなロゴ、hoodies、ネオン色、醜いスニーカー。それは灰色の、ベージュ、カシミア、革、繊細さがたくさんあった。パリの傑出したショー-ディオール、バレンチノ、ドリースヴァンNoten、セリーヌ-完全に服に焦点をプッシュするようだった。彼らの美、彼らのウェアラブル、彼らの正式な力、彼らのロマンスさえ。

例えば、乾きのショーのオープニングルックは、ゆったりとした白いシャツでした。奇妙な詳細は、奇妙なポケット、不要なエクストラ、なしフリルや弾み。彼は標準的な濃い灰色のタイと一対のゆったりした、ベルトをかけられたズボンでそれを組みました。 バレンシアガ新作スニーカーそれはとても簡単な何かを表示する自信がかかります。コレクションの残りの部分を通してのフォーカスは、着用可能で賢明なものであったが、また、愛や工芸品やスキルで作られたときにも、これらの種類の衣服は、運ぶことができる永遠の力。実際に魅力的なペイズリーとネクタイ染料のフラッシュを組み込むために十分なスキルを粘着感を感じることなく。それは、落ち着きと態度のマスタークラスでした。

しかし、このパリシーズンを通して、仕立てに対するこの焦点はまた、スーツの伝統的な厳格さへの復帰よりむしろ新しい安楽で、強化された、ポストStreetwearでした。これは、不機嫌な列の鎧としてのスーツではなかったが、スリップする何かとして、快適にする。スーツは、シティの男の子、地所エージェントのIdentikit Hordesの背中から解放されます。何か柔らかいものとしてのスーツ、男らしさからほとんど解放されます。男性のワードローブのいくつかの他のアイテムのように、スーツは完全に変化する力を持ちます。それは簡単に穴やダンディーにあなたを変えることができます。

Pirpaolo PiccioliはValentinoでこれの一部を参照しました;どのように、あなたは彼らがフォーマルで快適でありえることができる彼らの快適さを納得させますか?スニーカーの上の靴のメリットはどうですか?ここでは影響力のあるアイ・キャンディのダッシュがあった。大人気バレンシアガエドガー・アラン・ポーの大きな宇宙空間のサイケデリックなプリントであるウェアラブル、快適、面白い仕立てと仕立てのコレクション。

スーツの将来の最もエキサイティングな開発は、ディオールでキムジョーンズを含むかもしれません。長い間、男性が望むものを正しく判断することができるデザイナーとして知られていて、正確にタイムズの気分を測ることができて、彼はほとんど完全に仕立て屋と調合で構成されるコレクションを提示しました。キムは、ディオールのアトリエとディオールの歴史を使用して彼を提供している可能性の中で黙示されている(主にクリスチャンディオール自身も、家のイブン・サン・ローローラントとジョンガリアーノの仕事)が、彼は彼自身の遺産、ロンドンの彼のルーツ、エネルギーとST彼がマイケルKopelmanでギミー5で働いていたとき、Reetwear。この季節のパンクイラストレーターレーモンドPettibonは、キムのインスピレーションとして1955年からクリスチャンディオールによってドレスに気持ちよく座っていました。

それはとても簡単な何かを表示する自信がかかります

違いは、多分、この秋/冬の19の季節の間に、それがより大きく育ったと感じる仕立て屋のビジョンであるということです。より高価でより実存的でない。物事は、古い、気晴らし、この季節を感じた。多動、影響、大きな愚かなプリント、ビッグ愚かなロゴ、hoodies、ネオン色、醜いスニーカー。それは灰色の、ベージュ、カシミア、革、繊細さがたくさんあった。パリの傑出したショー-ディオール、バレンチノ、ドリースヴァンNoten、セリーヌ-完全に服に焦点をプッシュするようだった。彼らの美、彼らのウェアラブル、彼らの正式な力、彼らのロマンスさえ。

例えば、乾きのショーのオープニングルックは、ゆったりとした白いシャツでした。奇妙な詳細は、奇妙なポケット、不要なエクストラ、なしフリルや弾み。彼は標準的な濃い灰色のタイと一対のゆったりした、ベルトをかけられたズボンでそれを組みました。それはとても簡単な何かを表示する自信がかかります。コレクションの残りの部分を通してのフォーカスは、着用可能で賢明なものであったが、また、愛や工芸品やスキルで作られたときにも、これらの種類の衣服は、運ぶことができる永遠の力。 バレンシアガ スニーカー 新作実際に魅力的なペイズリーとネクタイ染料のフラッシュを組み込むために十分なスキルを粘着感を感じることなく。それは、落ち着きと態度のマスタークラスでした。

しかし、このパリシーズンを通して、仕立てに対するこの焦点はまた、スーツの伝統的な厳格さへの復帰よりむしろ新しい安楽で、強化された、ポストStreetwearでした。これは、不機嫌な列の鎧としてのスーツではなかったが、スリップする何かとして、快適にする。スーツは、シティの男の子、地所エージェントのIdentikit Hordesの背中から解放されます。何か柔らかいものとしてのスーツ、男らしさからほとんど解放されます。男性のワードローブのいくつかの他のアイテムのように、スーツは完全に変化する力を持ちます。それは簡単に穴やダンディーにあなたを変えることができます。

Pirpaolo PiccioliはValentinoでこれの一部を参照しました;どのように、あなたは彼らがフォーマルで快適でありえることができる彼らの快適さを納得させますか?スニーカーの上の靴のメリットはどうですか?ここでは影響力のあるアイ・キャンディのダッシュがあった。エドガー・アラン・ポーの大きな宇宙空間のサイケデリックなプリントであるウェアラブル、快適、面白い仕立てと仕立てのコレクション。

スーツの将来の最もエキサイティングな開発は、ディオールでキムジョーンズを含むかもしれません。長い間、男性が望むものを正しく判断することができるデザイナーとして知られていて、正確にタイムズの気分を測ることができて、彼はほとんど完全に仕立て屋と調合で構成されるコレクションを提示しました。バレンシアガ バッグ 新作キムは、ディオールのアトリエとディオールの歴史を使用して彼を提供している可能性の中で黙示されている(主にクリスチャンディオール自身も、家のイブン・サン・ローローラントとジョンガリアーノの仕事)が、彼は彼自身の遺産、ロンドンの彼のルーツ、エネルギーとST彼がマイケルKopelmanでギミー5で働いていたとき、Reetwear。この季節のパンクイラストレーターレーモンドPettibonは、キムのインスピレーションとして1955年からクリスチャンディオールによってドレスに気持ちよく座っていました。

キムがディオールでしなかったことは、ヘディSlimaneの遺産を見ています。しかし、セディンのためのHedi Slimaneのデビューメンズウェアショーは、ちょうど全体の仕立てられた季節のPi -θCE CE DE R抵抗であったかもしれません。ヘディは彼のセリーヌデビューのためにいくつかの部分から批評を引き出しました。これは、正確にどのようなhediが最善の素晴らしいディスプレイのような感じ。もし彼のデビューがセリーヌの変化を中心に批判されていて、本物の知的女性が着る服をデザインしている女性に対するPhilophile ‘ s Loveを中心にしているなら、ここではSlimaneは男性が着るものを求めているようだ。